ログハウスと言えると思います

ログハウスと言うと、アメリカの「大草原の小さな家」に代表されるようなカントリー調の、古くからある建築物のイメージがあります。

けれども欧米のコンクリートの建築物が主流の地域と違い、日本は元々木造の家を造り暮らしてきました。ログハウス,健康住宅,田舎暮らしのことなら長野の老舗ログメーカー土倉製材所へ

今の時代に出回っているログハウスは、1970年代頃に日本に入ってきたようですが、実は日本の古来の建造物にもログハウスの一種と言える物があるのです。

ところでログハウスの定義ですが、樹木の幹や枝を板などに製材していない元の形をそのまま材料として使った建物を指します。

丸太を組み合わせていって壁にする建て方と、丸太は柱や梁のみに使う建て方があります。

そうすると日本に昔からある丸太小屋なども、ログハウスと言えると思います。

また高床式の倉庫である正倉院も、切り口が三角や四角の木材を組み上げて作られているので、やはりログハウスと言えるでしょう。

それからログハウスのメリットですが、湿度の調整ができ、木の断熱性が高い為夏は涼しく冬は暖かいという特徴があります。

加えてコンクリートなどと比べても触った感触が良く、木の温もりを感じることができます。

ログハウスは、昔からの日本の建築法に近かった、日本の春夏秋冬に合っていることから、日本の風土に適している建物と言えるのです。